忍者ブログ
酒 旅 など きままに書いてます。 写真はサムネイルですので、クリックで拡大出来ます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋真っ盛り。

20101114103228.jpg20101114103322.jpg











深大寺の木々も色鮮やかになっていました。

20101114103257.jpg


デパ地下に寄ると日本酒売り場に
足が向いてしまう。

さいきん蔵元さんが直接売り場の前で
酒を売っている。




ふと、足を止めると直ぐに目の前で
『試飲されませんか?』

断っては悪いから、「いただきます」
何を呑んだかわからないから、「これは?」
そう尋ねると、

『こちらの純米酒ですよ。』

貶すのも申し訳ないので、「なかなかいい酒ですね」
・・・貶す必要も無い。しかし、量が少ない。
そう感じた頃を見計らって、敵は・・

『こちらはいかがです?。
こちらは純米吟醸で口当たりもいいですよ』

断るのも、申し訳ない。
「いいですね。こっちが先の方が良かったw」
なんて答えていると、

『そうですね。それでは、こちらは?』

そういいながら大吟醸を飲ませてくれる。
勿論、嫌々ながら断れない!
「こうなると、すっきりしていて綺麗な水の
ようですね。好みから言うとやっぱり米臭いのが
好きなんですよね」なんて言ったものだから

『そうですよね。私もこちらの方が好きなんです』

そういいながら最初の純米酒を注いでくれる。
しかも、ちいさなカップながらなみなみ注いでくれる。
しかたなくグイッと呑む。
知らん顔して、また注いでくれる。
本当はこんなに一人に振る舞ったらまずいんだろうな。
しかし、全部で一合近く呑んだ気がするw

このまま、帰る時もある。
そんな時は「いつまでやってます?」
また、来れたら寄るかもしれないし・・・
しかし今日は買いました。
すっきりしたなかでも米の旨みが残っている。
今夜は鍋をして、この酒で・・
すこしぬる目の燗をして飲みます。


蔵周辺で有機栽培した米で醸し、
米の持つ独特の味わいを追求した味と香りです。
ぬる燗か冷が良かった出す。


20101104232555.jpg
銘柄   水芭蕉 純米酒
種別   純米酒
蔵元   永井酒造 群馬県利根郡
原料米  五百万石
精米度  58%
日本酒度 +4
酸度    1.3
アル度  15~16



 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
フリーエリア
カウンター
最新コメント
[08/10 かおり]
[08/04 弟子]
[12/01 酒恋倭人]
[11/28 酒恋倭人]
[11/26 ino]
プロフィール
HN:
ばくらい
ばくらいへのメール:
Powered by NINJA TOOLS
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone