忍者ブログ
酒 旅 など きままに書いてます。 写真はサムネイルですので、クリックで拡大出来ます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そろそろ燗を・・・
そう注文したら出てきたのが「大七」

しかし、もう一升瓶の残りは少ない。
ちびちび とやるしかないなぁ。

福島県二本松 といえば安達太良山麓の地
水もいいんだろうな。

 

この大七は生酛つくり

酵母を作るには、生酛系(きもとけい)と速醸系(そくじょうけい)が
あります。

速醸系は、米、麹、水、乳酸を混ぜる→酵母を加える→温度管理→酒母
 で 約15日程度

生酛系は、米、麹、水を混ぜる→山卸→温度管理→酵母を加える→温度管理→酒母
 で 約30日程度

現在造られている日本酒のほとんどは、速醸系です。

生酛系には大きく2通りで、上記の工程をとるのが生酛つくり、
山卸の工程を外したのが先日紹介した山廃つくりです。

 

大七は「美味しんぼ」でも掲載されて一躍有名になった酒ですが、
そのまま味を変えずにがんばっているようです。

冷もいいけど、やっぱり生酛つくりは燗がいいですよね。
豊かなコクとうま味と酸味のバランスもいい。
後味のキレもさっぱりしていて、肴の味を損ねない。


今の流行りの淡麗辛口とは違う、飲みごたえのある重さがいいです。
十分な旨味を兼ね備え、後味よく心地いい余韻が楽しめました。
酸を感じる酒のおもしろさ、お燗向きのお酒の力を教えてくれるお酒の代表ですね。

欲を言うと、もう少しアルコール度が高いと楽しく濃さが増すような気がします。

 

D1000016.JPG銘柄   大七(だいしち) 生酛(きもと)
種別   純米酒
蔵元   大七酒造 福島県二本松市
原料米  五百万石
精米度  65%
日本酒度 +2
酸度   1.5
アル度  15.6

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
カウンター
最新コメント
[08/10 かおり]
[08/04 弟子]
[12/01 酒恋倭人]
[11/28 酒恋倭人]
[11/26 ino]
プロフィール
HN:
ばくらい
ばくらいへのメール:
Powered by NINJA TOOLS
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone